人気ブログランキング |

カテゴリ:おすすめ( 62 )

アメリカ西海岸。
ゆったりとした空気感にアメリカンカルチャーやトレンドの発信地でもあり、インテリアも数年前からひとつのスタイルとしてブームとなり今もなお確立されよく耳にする、西海岸スタイルカリフォルニアスタイル

ビーチハウス、
海や空を連想させるようなブルーの色合い、
ヴィンテージ感のある木材、
貝やヒトデや海にまつわるアクセサリー、
爽快な太陽に似合うカラフルな色使い、
自然に溶け込むナチュラルな素材の内装、

一度は憧れたことがある方も多いのではないでしょうか。
そんな西海岸のスタイルと暮らしとは?


c0181769_20004762.jpeg

https://i.pinimg.com/



そもそもアメリカ西海岸てどこ?
カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州、ネバダ州、アリゾナ州などが含まれるアメリカ西海岸。ウェストコーストとも呼ばれ、1年を通して晴れの日が多く、また湿度が低く温暖な気候に恵まれた地域。
19世紀後半のゴールドラッシュで栄え、現代ではGoogle、Amazon、Facebook、Microsoft、Appleなどの経済の中心である企業の本社もたくさんある西海岸。

とても広いエリアの西海岸エリアですが、その中でもインテリアや建築の分野で注目度が高いのは、やはりカリフォルニア


どんなスタイル?
まずイメージしやすいのは西海岸スタイルの代名詞、“Ron Herman”(ロンハーマン)。西海岸スタイルを具現化し、火付け役といっても過言ではないファッションブランドですね。
はじまりは1976年ハリウッドのメルローズアベニューにて誕生。ロンハーマン氏の「Style of California」(スタイルオブカリフォルニア)をポリシーに『ファッションとは愛にあふれ、刺激的で楽しく、自由であるべき』というスタイルを提案しています。
日本での1号店は2009年に千駄ヶ谷にできて以来、絶大な人気とファンを生み出していますね。カリフォルニアを感じるヴィンテージ感がありながら都会的な内装に、じわじわと「ロンハーマンのようなお部屋にしたい!」という声が増えてきた西海岸スタイルのお手本のようなスタイル110.png

c0181769_21100629.jpeg

https://www.houyhnhnm.jp/


ロンハーマン風インテリアを作るポイントは、まずヴィンテージ風の白木の壁。
アンティーク風に仕上げた板張りの壁にカラフルな色使いをミックス。
床はナチュラルなカラーが映えますね。
あとは海やビーチを連想させるような小物やサーフボードなどをプラスしていきます。
色味としては、ホワイト✖️ブルー✖️ヴィンテージ風の木材が鉄板です!

淡くもカラフルでリラックスムード

しかし西海岸スタイルを表した時に、このように「こうしましょう、これを取り入れましょう」というのは、ポイントがありわかりやすいけれど、ちょっと違う気がしてしまう表現方法で、なぜならおそらくそれだけで収まらないのが家作りの本質であり、難しくもあり楽しいところ。
そんなキーワードで表せきれない、住まう人のライフスタイルが住宅にうまく素敵に取り込まれているのが、リアルな西海岸スタイルなのではないかと思います。

例えば、
平日は仕事で忙しいけど、休日は思いっきり家でのんびりしたい
海の近くに住んで、ライフワークのサーフィンを楽しみたい
開放的なキッチンでお部屋の全てが見渡せる眺めのいい場所で料理がしたい
天気のいい日には気兼ねない友人たちとバーベキューができるようなお庭が欲しい
世界で一番家が好き

などなど。
こういう家に住みたい!こういう生活がしたい!という思いと、誰でもそう願うように家で過ごす時間をより楽しく、そして寛げる空間にするポイントがそれぞれにありますよね。


c0181769_09274307.jpeg
c0181769_09293471.jpeg
カリフォルニアスタイル マガジンより
全部カリフォルニアの家!



外観もオールドアメリカンなラップサイディングのお家や、スペイン領地であった歴史を感じるスパニッシュ様式、現代的で効率の良い作りとデザイン性の高いモダニズム建築などなどいろんなスタイル。
それぞれが持つ趣味も文化も環境も皆異なり、西海岸ではそれぞれ個人のライフスタイルを自由に組み合わせて表現していることがそのひとのスタイル。アシュレイ的な言葉で表すと、Your style, your way.なのかなと思います。


その中でも、あえて2つのスタイルに分けるとしましょう。
1つ目はオールドアメリカンスタイルの外観をベースとしている〝サーファーズハウス〟

サーファーズハウス
c0181769_09392962.jpeg

http://www.cal-co.jp/


サーフィン人口も多いカリフォルニア!ということでその名の通りサーファーのためのお家。お部屋の延長のようなカバードポーチ、サーフィンから戻ってすぐ浴びられるシャワーにお風呂、サーフボードを置くスペースなど、ライフスタイルに合わせた仕様に、外観はオールドアメリカンをベースとしているラップサイディング。柱やデッキのデザインはカジュアルに変え、青空と海の似合う素朴で開放感があるデザイン。窓を全開にして風の通りが良くとてもリラックスできそうな雰囲気です。

ホワイトを基調としたカジュアルな印象の家具が似合います。



c0181769_11033814.jpeg
61500シリーズ
コーナーソファでゆったり顔を合わせながら、くつろぎのスペース



もうひとつは、モダニズム建築の代表的な〝アイクラーホーム〟。
1940年代後半から住宅需要が高まり、戦後の住宅供給を補うために建売住宅として販売されていました。これまでの西洋的な作り(サーファーズハウスのようなベース)からよりモダンな作りとして効率よく、安価で、人種の隔たりがなく誰でも住める家として設計されたミッドセンチュリーを代表する住宅です。今ではファンも多く、文化財的な立ち位置になってきているようです177.png


アイクラーホーム
特徴は、平屋であること。外の自然と中の境界が曖昧で、リビングダイニングから中庭や庭への隔たりもガラスが多用され、中と外が一体化されているような感覚に。今で言うトレンドのインサイドアウトサイドという考え方の配置。
それに対して公道などの公共の場に対しては閉鎖されているので、プライベート空間を重視した作りになっています。

c0181769_17342513.jpeg

https://onekindesign.com/

パブリックスペースからは隔たれたファサード(正面)


c0181769_17360594.jpeg

http://plastolux.com/

ミッドセンチュリー家具と。

c0181769_17364657.jpeg

http://www.eastbaymodern.com/

アトリウムとよばれる中庭。
お外なのか中なのか本当に曖昧。この空間の使い方は日本ではとても贅沢ですね。

日本の住宅事情と比べると状況が違うので、ただただ羨ましい!と思ってしまいますが、空間の取り入れ方は素晴らしいですよね♪中庭と続くガラス戸なんかは日本の縁側的な作りとも似ているような気がします。

実はこのアイクラーホームの20年ほど前に、アメリカで建築の革命を起こしたのが、建築家フランク ロイド ライト。同じように効率的かつデザイン性の高い住宅を作り、ライトの作った住宅に住んだこの創始者であるジョセフアイクラー氏が、ライト建築を取り入れアイクラーホームを作ったのだとか。当時とても革新的で、これまでの建売住宅とは全く異っていたそう。ライト建築はアメリカの住宅において欠かせない存在ですね。フランクロイドライトもたくさんの建築と波乱万丈の人生で人間味があります109.png


アシュレイでも最近ミッドセンチュリーをイメージした新作が続々と出てきています。
c0181769_17583777.jpeg
D633シリーズ

c0181769_17595871.jpeg
62802シリーズ

c0181769_18003343.jpeg
11503シリーズ


ちなみにアメリカ西海岸で時を同じくして、とても有名な建築が“ケーススタディハウス”。こちらも戦後の住宅供給に備えて当時の著名な建築家により実験的かつ革新的な住宅を提案するプログラムがありました。雑誌社のスポンサー企画であり、その多くはロサンゼルスに建てられています。

有名なのは、言わずと知れたインテリアデザイナーのお家。イームズハウス!
CSH(Case Study House)#8

c0181769_18151307.jpeg

https://www.picluck.net


c0181769_18150476.jpeg

https://sumally.com/


実際にイームズ夫妻が最期まで暮らしていた自邸。1949年に竣工。
民芸品やカメラなども好きだったそうです。当時の目的としてはローコスト住宅を模索していたわけなので当時の既成工業品のみを使用して建てられております。既製品といえど、木やタイル、直線的なガラスデザインなど随所にこだわりがあり、外との繋がり、ミッドセンチュリーを代表する自身の家具、雑貨や本はきっと彼らの好きなもので、ここで過ごす時間の豊かさが溢れてきそうなお家です。

こういう暮らし方ができたら最高ですよね。
西海岸はそんな暮らし方が沢山あって、自身のライフスタイルを住宅にうまく落とし込まれ具現化するのが上手。きっと、自分が何が好きで、どんなことがしたくて、今の自分に必要だと思うことが感覚も含めて分析されているかのようなイメージ。

アシュレイも家具というパーツだけでも、みなさんのたくさんのライフスタイルを具現化して、毎日豊かな時間が過ごせるようにしていければいいなあと願っています110.png
きっとそれができるラインナップと、そう願うスタッフたちががいます♪

そういう家具探し、生活探しがができるように、今日も皆様のご来店お待ちしております110.png


M.Fukai



【公式HP】



by ashleyfurniture | 2019-05-11 19:30 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

c0181769_01255927.jpeg

http://www.ralphlaurenhome.com/


お部屋の窓を全開にしたくなるような春の季節。

春の暖かな陽気と冬の風の冷たさと交互にやってきて、この春の日差しにすっかり気分は春めいて、でも窓を開けたらまだまだ寒くそのまま窓を閉めてしまうこともありますが、窓を開ける時にはいつも目につき手にとるカーテン。

今回は窓周りのインテリアを彩るウィンドウトリートメントの生地とスタイルのご紹介♪

c0181769_01265389.jpeg


ウィンドウトリートメントの中で一番馴染みのあるカーテン。
その他ブラインドや、ロールスクリーンなどもありますが、カーテンの最大の魅力は柔らかな生地から生まれるドレープの美しさ。また生地から作られるファブリックの可能性、色遊び、インテリアを素敵にするには欠かせない重要な役割を持っています。


素材
生地は、リネンやコットン、シルクなどの天然繊維、レーヨンなどの再生繊維、ポリエステルなどの合成繊維があります。

天然繊維は生地の伸縮もありなかなか生地の長さを保つことは難しいのですが、素材の質感はナチュラルで風合いがとても素敵。自然由来のものは手間暇がかかりますが、やっぱり素敵と感じられるだけで手間暇がよけい愛着に繋がることもありますね。
c0181769_02244295.jpeg

https://www.etsy.com/



しかしなかなかハードルが高い!と思われる方も多いはず。
そこでオススメは近年進化が著しい合成繊維ポリエステル!合成繊維で伸縮が少なく、価格も抑えられるのに、ナチュラルな風合いのものが多くなってきました。

c0181769_02310622.jpeg
Federicoカタログより
リネン風生地


c0181769_02344569.jpeg
Federicoカタログより
同じ生地の色違いを組み合わせてアレンジ




カラー
大きな面積を占めるベースカラー、次に面積を占めるアソートカラー、ポイントのアクセントカラーでお部屋のカラーを考えた時、カーテンは2番目に占めるアソートカラーになることが多いかと思います。

c0181769_02043817.jpeg
アソートカラー ネイビー

アシュレイでも良く見られるコーディネートとして、同じカラーのコーディネート。
こちらはベージュのニュートラルなベースカラーに、アソートカラーとしてネイビー、ポイントにカラフルなクッション。



c0181769_02114836.jpeg

http://rengusuk.com/

アソートカラー ピンク×ブラウン


この2番目に占める色、柄を変えることで、大きな家具を変えなくてもがらっとお部屋の雰囲気が変わります。季節感を出したい時、気分を変えたい時に、トレンドを取り入れやすいのもインテリアの楽しさがアップするファブリックのチカラ。

c0181769_02435902.jpeg
Thenappyhousie.com


アメリカのインテリアを見ていると、このようなアソートカラーをコーディネートしていくことが多いように感じますが、よりファブリック先進国ヨーロッパのウィンドウトリートメントは、色と色、柄と柄、など取り入れ方が大きく変わります。

c0181769_02481633.jpeg

https://tm-interiors.co.uk

Casamance
柄と色を同色でまとめ、目を惹く南国オアシスなデザイン


c0181769_02505691.jpeg

https://www.decorteamus.com/

Zeple fabrics
赤と赤のコントラスト。ドレープが赤のトーン違いになっているのがきめ細やか


c0181769_02534414.jpeg

https://www.designersguild.com/

Designers Guild
カーテンが左右同じである必要性はないという一枚

c0181769_02561570.jpeg

http://www.annepericchi-draeger.com/

Pierre Fray
もっと自由に。

海外ファブリックの圧倒的な色の綺麗さ素材感の良さ。一度見たらきっとどこかで使いたくなってしまうようなはっとする色使い。
実際に取り入れるにはきっとお好みもある思いますが、ファブリックのおもしろさと可能性にイメージは無限大ですね。


レース
通常ドレープ生地の後ろに、目隠し的な役割となっていることが多いレース。
しかしレースだって、ちゃんと素敵な主役になれるスタイルもたくさん。

https://www.bedbathandbeyond.com

ドレープとレースの位置を前後して、フェミニンなレースのデザイン


c0181769_03105565.jpeg

https://www.potterybarn.com/

素材感のあるドレープに、幾何学模様のレースでアクセント


c0181769_03154575.jpeg

https://thecraftingnook.com/

クロスオーバースタイルのレース
レースの後ろシェードもポイント高いですね。目隠しと良いアクセントに。


c0181769_03423872.jpeg

https://www.fischbacher.com/

画像は少しわかりにくいですが、カラーレースは差し込む光も色づいて素敵。



スタイル
c0181769_03184666.jpeg

http://topblackoutcurtains.com/


カーテンを作るときには、だいたい「2つ山」「3つ山」かどちらかで選択をしなければいけない場合もありますが、ただカーテンは山だけが全てではないということを、海外のインテリアを見ていると感じること。

ポールに通したり、リングに通したり、ギャザーをつけたり、ピンチで吊るしたり、様々なスタイルがあります。これまでにアップしているカーテンの画像も全て2つ山、3つ山と呼ばれるものではないのです。
基本的に機能性レールが多い日本ですが、海外では装飾レールがスタンダード。

機能性レールでは、3つ山にするとドレープのボリュームが増しよりエレガントで高級感を感じられる雰囲気に。1つ山などは、柄が多く生地の柄を見せたい時に閉じた時にフラットになるのがメリット。


装飾レールはレールが見えるデザインのもの。
c0181769_03314010.jpeg

https://www.wsj.com

装飾レールは、インテリアの一部


リングをつけるハトメ型なら、コンテンポラリーなモダンな要素。
c0181769_03341652.jpeg

https://www.schlafwelt.de/



ギャザーなら、可愛らしい雰囲気。
c0181769_03411083.jpeg
https://www.pintarest.com


ピンチ型なら、上質カジュアルな演出もしてくれます。
c0181769_03420942.jpeg

またカーテンバランスも重要スタイルの一つ。
c0181769_03460397.jpeg

https://www.etsy.com/

フラットバランス
カーテンとデザインを変えて引き締め効果。価格も抑えめで素敵にアップグレード。


c0181769_03474132.jpeg

https://www.etsy.com/

スタッズ付きストレートバランス



c0181769_03482038.jpeg

http://www.flickr.com/

ストレートバランスにトリムをつけてかわいく!



c0181769_03504984.jpeg
https://www.pintarest.com


バランススタイル沢山あります。


発想次第でどんなスタイルにも!
c0181769_03543393.jpeg

https://moodecor.co/


c0181769_03544791.jpeg

https://feasthome.com/


c0181769_03572147.jpeg

http://curtainsideas.space/



これから4、5月とより窓を開けて、陽が降り注ぎ、風を感じる気持ちのいい季節。
風に揺れるカーテン、素敵なもの探してみませんか?

またカーテンのメンテナンスとして、ウォッシャブルタイプであればお洗濯とてもオススメです!
特にこの季節、お天気のいい日に好きな香りの柔軟剤をたっぷり入れてカーテンをお洗濯すると、いい香りがふわっとお部屋じゅうに広がり幸せ気分に110.png

c0181769_04203421.jpeg

http://hummingbird006.tumblr.com/


毎日目に触れて、触るものだからこそ、好きなもの、好きなスタイルで彩るのも楽しいですよね!アシュレイホームストアには、輸入家具を素敵にコーディネートできるオリジナル生地、国内生地、輸入生地、イメージやご予算に応じてインテリアスタイルにあった生地のお取り扱いがございますので、お気軽にご相談くださいね♪
カーテン専任のスタッフもおります。(ご予約制)

カーテンを選ぶとき、遮光性や、遮熱、外からの目線の防止など、機能面で選ぶ目線も多いかと思いますが、ファブリックの世界は本当に奥深く、自由自在。
どんな内装にしたいか、雰囲気にしたいか、どんな生地が好きか、一度概念を取り払って考えてみるのも可能性が広がり素敵なスタイルが見つかるかもしれません♪
機能性とデザイン性、なにがポイントで、ボリュームを見せたいところと、おさえたいところなどなど、迷ったときはカーテンスタッフにお気軽にご相談下さいませ!

皆様のご来店心よりお待ちしております。


M.Fukai



【公式HP】




by ashleyfurniture | 2019-03-26 08:00 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

インテリアを楽しむ方法のひとつ、インテリアアクセサリー。
お部屋の雰囲気を少し変えたい時や、季節感を出したい時には欠かせないアイテムですよね!

なかなか選ぶのは大変、、
何を取り入れようか迷ってしまう、、
センスに自信が、、

などなど実際に選ぶ時には、なにをどうしていいか悩みすぎてしまうこともあるかと思います。
そんな時に使える、インテリアアクセサリーを素敵に魅せるたったひとつの法則!

5 Elements(ファイブ エレメンツ)’の法則をお伝えします♪
これさえ抑えれば、海外のおうちのような素敵に見えてしまうスペシャルな法則!

インテリアの本や情報を見ると、ガラスであればガラス、陶器であれば陶器、植物であれば植物を、など’同じ素材で統一しましょう’と同じものをそろえていく方法もよく使われるもの。それはそれで素敵ですし、統一感もでます。

でももっと空間を素敵に見せてくれる、5 Elementsの法則!
アシュレイのような輸入家具らしいデザインのインテリアには特に効果的かと思いますよ♪

5 Elementsとは?

c0181769_09480091.jpeg



5 Elements(ファイブ エレメンツ)
メタル、ガラス、ファブリック、セラミック、グリーン etc...
素材の違うアイテムを5つ組み合わせていく法則!




①メタル
c0181769_09495837.jpeg
シルバーやゴールド、近年はコッパー色も人気ですが、メタルでできた素材。フラワーベースやキャンドルホルダーなど取り入れ方は様々。


c0181769_11431900.jpeg

c0181769_11434540.jpeg

その他、アイアンやブリキ、ワイヤーアイテムもgoodです!





②ガラス(グラス)
c0181769_09531290.jpeg

c0181769_11482216.jpeg
ガラス素材やミラー素材、透明感のある素材


③ファブリック
c0181769_11493499.jpeg
リビングであればスロー、ダイニングであればランチョンマット、ペーパーナプキンなどがあるとその周りの表情が増し雰囲気が出ます。

c0181769_11520241.jpeg
雑貨と組み合わせるには本や、ブックボックスなどもいいアクセントになりますよ♪


④セラミック

c0181769_11541406.jpeg


c0181769_11554353.jpeg

陶器や磁器素材のもの。
石目調や大理石など石のような素材感のものもセラミックの代わりに取り入れても素敵です。


⑤グリーン/フラワー

c0181769_12254020.jpeg


c0181769_12260370.jpeg
グリーンは生活を彩るアイテムとしては必需品!
リアルなものも、フェイクのものでも、用途によって使い分けるといいですね。
最近はフェイクグリーンの質感のいいものが、気軽に手に入るようになってきました。


c0181769_12270680.jpeg
お部屋にお花があると潤いのあるいい空気感



5 Elementsいかがですか?
ひとつひとつを見ていけば、手に入りやすいものばかり。


例えば、
c0181769_12474686.jpeg

このテーブルの上のトレイ
ひとつずつ見てみると、

c0181769_12482010.jpeg
5 Elements!


こちらも
c0181769_12484784.jpeg

シャビーシックなテーブルセット


c0181769_12491297.jpeg
5 Elements!



アシュレイの家具などを取り入れ、アクセサリーで彩った実際のお部屋、とても素敵ですよ162.png

c0181769_12572264.jpeg

c0181769_12575499.jpeg


c0181769_12580564.jpeg



c0181769_12573555.jpeg


c0181769_12581667.jpeg

海外のようなお部屋の雰囲気を作るための重要アイテム、インテリアアクセサリー。
取り入れ方は様々ですが、何か取り入れたい時や、なにを取り入れようか迷ってしまった時には素材に注目していくと選びやすく、おしゃれに見えますよ♪

またアシュレイホームストアの輸入アクセサリーも今月までキャンペーンを行っております169.png
春らしい店内の彩りと、お部屋を楽しく素敵に過ごせるお好みのアクセサリーをぜひ見つけにいらしてくださいね101.png

皆様のご来店心よりお待ちしております!


M.Fukai


【公式HP】


★☆~3/31まで!アクセサリーキャンペーン詳細はこちら↓☆★



【関連記事】











by ashleyfurniture | 2019-03-13 14:00 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

いよいよ今日から3月ですね179.png
春の気配が少しづつ訪れ、暖かな日差しと咲き誇る梅と、風に舞う花粉134.pngを感じる日も増えてきましたね。
そして先日行われたラスベガスマーケットの新作が続々と生産がスタートしてきました!

c0181769_02095160.jpeg
アシュレイの展示会の1ブース。少し深めのモスグリーンのコーディネート。
今年らしいグリーンとゴールドに、ブラックでコンテンポラリーの家具を合わせて。かっこいいですね!この中で生産がスタートされたアイテムのご紹介♪

【使用アイテム】

モノトーンでさらっとした質感のコンフォーター
c0181769_02100615.jpeg
King Comforter set Q293003K ¥22,400
Queen Comforter set Q293003Q ¥18,400


アシュレイ初の、ミラーとコンソールのセットアイテム
ブラックxソフトゴールド(つや消し)の尖ったデザイン
c0181769_02111247.jpeg
Console Table with Mirror
A4000212 ¥68,000


ゴールドミラーのウォールアクセント♪
c0181769_02130765.jpeg
Accent Mirror
A8010165 ¥24,000
W91xD2.5xH91


シンプルなホワイトによく映えるモンステラ
c0181769_02164112.jpeg
Wall Art
A8000280 ¥9,000/1枚


この2つのピローはセット使い必須!!
ベルベッドライクの生地と素敵な柄使い
c0181769_02102625.jpeg
Pillow
A1000873 ¥4,800


c0181769_02103597.jpeg
Pillow
A1000874 ¥4,800


ベルベッドライク生地にボタンタフトの素敵なアクセントオットマン!
c0181769_02105256.jpeg
Accent Ottoman
A3000170 ¥46,000


色違いもあります。
c0181769_02551441.jpeg

ロイヤルブルー

c0181769_02113120.jpeg
Accent Ottoman
A3000169 ¥46,000


c0181769_02560976.jpeg

ダークブラウン

c0181769_02114273.jpeg

Accent Ottoman
A3000171 ¥46,000

単品では尖ったデザインもありますが、組み合わせていくと空間として素敵に仕上がります♪


他にも生産スタートのアイテムまだまだあります!

トランク型テーブル(収納付き)
サイズ感も良く、価格もトランク型にしてはリーズナブル。
c0181769_03063003.jpeg
Storage Trunk
A4000092 ¥48,000
W86xD46xH48


c0181769_03110797.jpeg

c0181769_03112289.jpeg
Storage Trunk
A4000096 ¥52,000
W86xD46xH48


c0181769_03125685.jpeg

Storage Trunk
A4000099 ¥40,000
W81xD51xH51


また今回ランプの新作で素敵なものたくさん!
c0181769_03164862.jpeg



c0181769_03175137.jpeg
L207374 ¥20,000
W31xD31xH71


c0181769_03191744.jpeg
L207304 ¥20,000
W41xD41x61


c0181769_03180226.jpeg
曲線がキレイ!
L208174 ¥26,000
W42xD42xH82


c0181769_03193131.jpeg
L207354 ¥24,000
W46xD46xH72


c0181769_03194403.jpeg
L429014 ¥16,800
W38xD38xH65




c0181769_03195362.jpeg
L276024 ¥16,000
W33xD33xH72


c0181769_03202862.jpeg
L430624 ¥22,000
W41xD41x74


壁掛け時計も、かっこいい!
c0181769_03370903.jpeg
A801122 ¥19,200


まだ一部生産がはじまってすぐの商品もありお届けまで2〜6ヶ月となります。
気になる商品はお気軽にお問い合わせくださいね♪


c0181769_03450206.jpeg
プーフタワー!


c0181769_03474919.jpeg
グリーン×ゴールド


c0181769_03592481.jpeg
Welcome Spring♪


来月は新生活のスタート、アシュレイの新作の中から日々の生活を快適に素敵にしてくれるNewアイテムをぜひ探しにいらしてくださいね178.png


M.Fukai


【公式HP】



by ashleyfurniture | 2019-03-01 07:00 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

たくさんの文化が生まれて、人々に愛される街 Los Angeles。
今回はそんなロサンゼルスの文化を感じるホテルのご紹介♪

アメリカ シアトル発のデザイナーズ型コミュニティホテル“Ace Hotel”(エースホテル)へ行ってきました!
その名も、”ACE HOTEL DOWNTOWN LOS ANGELES”!



c0181769_21323338.jpeg
エントランス

先日ラスベガス出張の帰りのこと。
基本的にラスベガス出張に行かせて頂くときは3泊5日ラスベガスに缶詰状態となり、アメリカには行くものの、ラスベガスマーケットに全力を注ぎ、行きも帰りもいつも名残惜しさを感じつつラスベガスに始まり、ラスベガスに終わります。
そんなとき、ラスベガス以外のアメリカを感じるトランジットの時の一瞬のロサンゼルス。空港を一歩出た時のあの空気。いつか立ち寄りたいなあと願っていたところ、今回なんと飛行機の遅延、ロスで1日足止めというなんとも複雑な、そして素晴らしい機会に恵まれてしまいました。

せっかくなので行きたいホテルへ行ってみようということで、LAX空港から車で30分ほど足を伸ばしロサンゼルス、ダウンタウンへ!

c0181769_00125037.jpeg
ホテル正面


2014年にオープンしLAのダウンタウンエリアにあるエースホテル。
1927年築のユナイテッド アーティスツ劇場の隣、映画関係のオフィスであったビルを改装したコンバージョン(リノベーション)ホテル。外観はゴシック様式にアールデコも感じられるような歴史的建物です。

エースホテル自体は1999年にシアトルに1号店ができ、現在はシアトル、シカゴ、ニューヨーク、ポートランド、パームスプリングス、近年では国外進出しロンドンなど現在9箇所。ホテル業界に革命を起こしたとも言われるくらいコンセプト性の強いブティック型のホテル。古い歴史的建物を、デザイナー、地元のクリエイター、エースホテルがコラボレーションして、地元のコミュニティに根付き、再生し、地域色を出しながらインテリアを創り上げていき、これまでのホテルのあり方に革命を与えたような独自の世界観を文化として巻き込んでしまいます。世界中の旅行者、アーティスト、クリエイター、たくさんの方々に愛されている理由がよく分かりますね。今年はなんと!アジア圏初として日本 KYOTOにもオープン予定。

c0181769_00212965.jpeg

c0181769_00223346.jpeg
ホテル中側からの目線



ホテル前にタクシーがつき降りた瞬間、グレーのスウェットを着たガタイの良い若者が勢いよく近づいてきて結構怖かったのですが、よく見たらスウェットには『Ace Hotel』の文字。スタッフさんが出迎えてくれました178.png瞬間的にロスでは脅されてしまうのかと思って構えてしまいましたが(失礼)105.pngここはホテルスタッフの佇まいも、既にエースホテル。

c0181769_00264039.jpeg
ちなみにスタッフさんが着ていたスウェット。
購入もできる様子。



歴史を感じる建物のデザインを残し、アートや異素材を散りばめた斬新なデザイン


c0181769_00433128.jpeg
シックなモールを使ったブラックに天井に、クラシックなデザインのカウンター、そこにはアートがはめ込まれ、隣には錆びついたスチールを使った什器、壁にはもこもこした素材のタペストリー、異素材だらけなのに素敵。


c0181769_00545815.jpeg




c0181769_00595722.jpeg
一目で何階か分かるエレベーター!


c0181769_01011473.jpeg

c0181769_01024471.jpeg
廊下。基本薄暗い。


今回のお部屋は10階にある、Mediumのお部屋。
ちなみにBooking.com にて当日予約で$290くらいでした。

c0181769_01050074.jpeg
シンプルでヴィンテージテイストのインテリア


基本インテリアはシンプルなのでお部屋に入った時のときめきは少ないのですが、作りや細部のこだわりが、ひとつひとつ丁寧。天井が非常に高くマットレスが低いので、正面の窓へ空間の抜け感がすごいです。ちなみにマットレスは高さ40㎝くらい、ヘッドの部分が75㎝くらいのサイズ感。早速インテリアチェック!

c0181769_01110862.jpeg
このスイッチ上のプレート素敵すぎではないですか。
スイッチ部分もブラックで統一。

c0181769_01125233.jpeg
打ちっ放しのコンクリート天井

c0181769_01135989.jpeg
下側の壁は古紙を再生したような素材。


c0181769_01272098.jpeg
ワードローブ


c0181769_01280916.jpeg
バスローブとアイロン、ランドリー袋


c0181769_01291245.jpeg
このスウェット生地のバスローブ可愛いすぎました113.png
前にボタンが付いていて、動きやすくて着やすい!



c0181769_01190801.jpeg
シンプルなマーブル洗面

c0181769_01181779.jpeg
よく見ると素敵すぎる水栓金具達。ロゴや艶消し具合がたまらない。


c0181769_01213200.jpeg
洗面下。ドライヤーの袋までこだわり。


c0181769_00023265.jpeg
ドライヤーまでもレトロでかわいい。パワーもとても良い!



c0181769_01231155.jpeg
シャワーブース。ここのお部屋はバスタブがないのが残念134.png
シャンプー、トリートメント、ボディソープは洗い上がりはとってもいい感じでした173.png


c0181769_01242250.jpeg
ロープでできたペーパーホルダー!


c0181769_12104578.jpeg
バスルームドアは、オールブラックのバーンドア

c0181769_12112764.jpeg
中央にはチャップリン♪きっとこのモチーフも一部屋ずつ違うのでしょうね。



c0181769_01465861.jpeg
窓周りは、遮光性の高いロールスクリーンと透け感のあるざっくり素材のドレープとレースと中間のような生地。


c0181769_08463150.jpeg
朝の風景。


なんともわかりやすいおしゃれなサインタグ。
c0181769_08531491.jpeg


c0181769_08534322.jpeg


ゲストルームのほか、最上階にあるルーフトップバー。
c0181769_08553806.jpeg


c0181769_08574587.jpeg

木をたくさん使い自然の中に溶け込むような家具たち。
丸太をカットした無垢材のテーブルにホワイトのチェア。


c0181769_09004854.jpeg
ダウンタウンも一望!


c0181769_09014706.jpeg
夜にはバーになるので、夜景がとってもキレイ!


c0181769_09032158.jpeg
壁のタペストリー?でしょうか。なんともアート。


そして、泣ける壁紙。
c0181769_12001509.jpeg
ここはエントランスカウンター横の壁紙なのですが、文字たち。

よく見ると、
c0181769_12034311.jpeg
セリフが書いてある!
台本のようなのです。

この土地で、元映画会社の建物、お隣はシアター、しかもそのシアターは長い間閉鎖されていたけれど、エースホテルが買い取りホテルとともに再生しているというストーリーがあるなかで、この壁紙。少しいびつな感じまでも素敵に見えます。ぐっとくる泣ける壁紙。


また1階エントランスのお隣はコーヒーショップとレストラン。
c0181769_20101299.jpeg


c0181769_20144289.jpeg

質感の良いレザーのダイニングソファにオリジナルクッション。


c0181769_22373842.jpeg
壁に使われているタイルもいちいちおしゃれ。
サンカク、シカク、モノトーン



地元の方もいるのでしょうか。夜10時くらいでしたが結構賑わっていました。

c0181769_17394570.jpeg
夕食はこちらで頂きました111.png


c0181769_20125588.jpeg

美味しすぎたbeer!
とってもフルーティーな香りなのにしっかりとした苦味。
IPAというクラフトビールらしいです。
(写真、うっかりほぼ飲んでしまい!とにかく美味!111.png!)


ちなみに翌朝のご飯♪
c0181769_23302033.jpeg
ファーマーズフルーツ
ラズベリーも全然酸味がなく、とっても甘くて美味。

c0181769_23382533.jpeg
夜は気づかなかったけれど、落書きみたいなアートがたくさん。



朝食は1階で、2階はコーヒーのみのようで、朝食の後コーヒー買って2階へ。

c0181769_23354131.jpeg
STUMPTOWN COFFEEというこちらはポートランド発のサードウェーブコーヒー
酸味が強く軽めの感じ


c0181769_23410213.jpeg

c0181769_23430397.jpeg

c0181769_23433943.jpeg
見つかってしまった!



c0181769_23443280.jpeg
黄昏




c0181769_23452524.jpeg
横幅、長さもがそれぞれ違うフローリング
素晴らしいですね。

ちなみにその正面のrest room。
c0181769_23483029.jpeg
黒い便座!
そしてヘキサゴン型タイルの床、セラミックの正方形タイル、ドアの横はマーブルと同じホワイトの違う素材をMIX

c0181769_23492077.jpeg
シンプルな洗面


c0181769_23542522.jpeg
2階からの目線

細部まで見れば見るほどおもしろい!

c0181769_00000956.jpeg
一点気になるのは、ゲストルームにアートがないのはなぜ?


シンプルながらも肌触り良さ、デザイン性の良さ、全体的にクオリティがとてもよく心地いい空間であることは間違いありません。



そして今回、ロスの滞在時間約18時間程。14時半くらいに着き、翌朝11時のフライトです。いろいろな確認や荷物がなかなか見つからなかったりで、結局ホテルに着いたのが夕方4時くらい。結局5時くらいに落ち着きホテルの外へ出てみることに。

ちなみにこのエースホテルの目の前は、インテリアショップ。
これは寄ってみないと!
c0181769_00200786.jpeg
ニューヨーク ブルックリン生まれのwest elm

c0181769_00210833.jpeg
基本デザインはミニマムでシンプル、ニュートラルカラーの大きい家具にカラフルなアクセントカラーを使っています。

c0181769_00215032.jpeg
今日のみ20%offというsaleを行なっていました。


さて、せっかくなので観光に繰り出します。
まずはやはりビバリーヒルズ!

ちなみに移動はUberが便利で安い。タクシーも利用しましたが、おそらくタクシーの半額くらいかと思います。

ダウンタウンから約30分くらいでビバリーヒルズに到着。
どんなお家があるのかな?
c0181769_00355596.jpeg

と歩いてみたところ、辺りは薄暗く、人が歩いていない。。
いくら観光地とはいえ、この薄暗い住宅街を一人で歩く勇気が出ず泣く泣く退散134.png

ロデオドライブなどがあるメインストリートを散策。
c0181769_00402100.jpeg

c0181769_00405576.jpeg
Pottery Barn発見!

c0181769_00415613.jpeg
この感じはアシュレイでも作り込めます。しかもよりリーズナブルに。でも素敵。

c0181769_00434614.jpeg

c0181769_00442619.jpeg

c0181769_00445528.jpeg
ファームハウス。色使いもアシュレイと同じ♪

c0181769_00460414.jpeg
店内は2階建で建物も素敵でした。


c0181769_00470170.jpeg
もう1店舗インテリアショップ発見!
ここは初めて!

c0181769_00481966.jpeg
コンテンポラリーな雰囲気。色彩豊か。

c0181769_00492553.jpeg

c0181769_00495569.jpeg
価格帯、雰囲気共に上質な仕上がりでした。

c0181769_00504966.jpeg
引き出しの中は赤!


さてそろそろビバリーヒルズを離れ、ロスの夜といえばグリフィス天文台へ!
ここから車で1時間くらい、少し離れています。ここでもUber大活躍!料金は$23くらいでした。道中周りは素敵なお家がいっぱい!ハリウッドのお膝元。

c0181769_00590371.jpeg
グリフィス天文台へ到着。観光客で賑わっています。

c0181769_01000491.jpeg
LA LA LAND♪

c0181769_01014192.jpeg

c0181769_01023291.jpeg

c0181769_01031286.jpeg
よく見えませんが、白いものHollywoodサイン。

ここでは夜景は本当に綺麗でしたが、なぜか日本から持ってきたwifiが使えずここのFree wifi の接続もとても悪く、内心は観光どころではなく、どうやって帰ろうでいっぱい。山の上でタクシーもほぼ来ないうえ、Uberが呼べないのです。日本人の方に勇気を持って話しかけるか、ヒッチハイクか、帰りの手段が、、、。としばらくうろうろしていたらタクシーが来た!よかった!!みんなはwifi使えていたのでしょうか。Uberの際は要注意スポットです。
この日はホテルへ戻り、就寝。

翌朝はダウンタウン散策♪自転車を借りました。
c0181769_01205601.jpeg
エースホテルのレンタサイクル♪“Tokyo bike”というネーミング!
ザ ジャパニーズにはサドルが高すぎて足が全くつかないのが難点。
なんとかペダルに足が届くレベルですが、Let’s cycling!

朝ホテルでゆっくりしてしまったので、45分くらいの短いcycling!
c0181769_01322389.jpeg
先日旬でしたね。グラミーミュージアム。
with Tokyo bike

c0181769_01280909.jpeg

c0181769_01283792.jpeg
ステイプルセンター
行きのタクシーの運転手さんがおすすめと言っていたのでとりあえず行ってみました。

c0181769_01303104.jpeg
マイクロソフトシアター

c0181769_01311321.jpeg
公園

c0181769_01341612.jpeg
ロスの空。なんて開放的!


ホテルの近場しか回れませんでしたが、少し肌寒いくらいの陽気と乾いた空気、広々とした空が本当に気持ちいい。自転車でどこへでも行けそう!という気分にさせてくれる。


ホテルへ戻り、checkout。
ちなみに領収書はmailで送られるらしく、ペーパーレス!余談ですが、ホテルのwifiもとても早く快適でした。



c0181769_01435162.jpeg
Thank you!
ACE HOTEL DOWNTOWN LA.

心が動くホテル体験、ロスに訪れた際にはとってもおすすめスポットです♪

ちなみに今回遅延のアメリカン航空で、乗り換え保証ありましたが、宿泊はあなた次第という感じでホテルの保証はありませんでした103.pngでもこんな機会に恵まれロスに滞在できたこと、ちょっと寄って行きなよ〜と言われたようなとてもよい体験になりました。旅はエネルギーをもらいますね♪

皆様はエネルギーをもらえる場所はありますか?
以上、ロサンゼルスのホテル、ショートトリップ情報でした101.png


追加:帰国後、アメリカン航空に再度遅延申請したところ保証金として宿泊費少し戻りました169.png



M.Fukai


【公式HP】


【関連記事】









by ashleyfurniture | 2019-02-18 16:00 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

夏の準備♪

皆様こんにちは♪寒い日が続きますがいかがお過ごしですか?
横浜あたりでは雪がちらほら、皆さま風邪ひかないでくださいね。

さて、本日はアウトドアラインナップのご紹介、
横浜ではこちらの3型を展示しています。

c0181769_11215991.jpg
1つ目はアウトドアダイニング。
c0181769_11361199.jpg
こんなに広いテーブルでわいわい、楽しいですよね。
別売りのパラソルで日よけしつつ、おしゃべりが弾みそう♪

c0181769_11215462.jpg

2つ目はアウトドアソファ。
c0181769_11361858.jpg
2Pはゆらゆら揺れるグライダータイプでセンターテーブルとセットです。
そよ風にあたりながらウトウトすると気持ちよさそう。


c0181769_11214676.jpg
3つ目はバーベキューグリル。
アメリカの『Weber』というブランドです。
蓋つきなのがポイントでそれによっておいしいお肉が焼けるんです♪


2か月半お待ちいただく商品が多いASHLEYですと
今ご注文いただくとちょうど暖かい時期に届きます。

外にでるのが楽しい季節に思いを馳せながら
ぜひ、アウトドア家具を選びにいらしてください♪





by ashleyfurniture | 2019-02-17 21:42 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

この季節になると、街中に溢れて流れだすクリスマスソング。
アップテンポなメロディーやスローなバラード、毎年聴き慣れた曲たちもこの季節に流れてくると、冬にしか味わえない不思議な高揚感に包まれるような気がします。

12月に入るとクリスマスパーティーやホームパーティーなど、ご自宅でクリスマスソングを楽しむ機会も多いですよね。クリスマスディスプレイと一緒に、気分も盛り上がるクリスマスに似合うクリスマスソングのご紹介♪

c0181769_00545461.jpeg
ラスティックなクリスマスコーディネート


まずは、アメリカの古き良きスタンダードなJAZZナンバーを、アメリカンミュージックの大御所トニー・ベネットと、レディー・ガガが歌い上げる、デュエットアルバム“Cheek to Cheek”。
c0181769_01535802.jpeg
ダンスミュージックのような現代アートのようなイメージのガガ様ですが、ストレートにJAZZを歌い上げる歌声は、なんともパワフルなで新鮮!
スタンダードなJAZZナンバーなのでクリスマスソングではないのですが、軽快なビッグバンドをバックにおふたりのかけあいが、もう本当にくらくらする程楽しくて素敵です。今も現役で歌われていますが、トニー・ベネット氏もレコーディング当時88歳とのこと!





そしてもうひとつ、クリスマスのスタンダードナンバーをこちらもビッグバンドを率いてアレンジしたアルバム。ダイアナ・クラールの“Christmas song”。

c0181769_02291960.jpeg



Jingle Bells,Let it Snow,Winter Wonderlandなどなど聴き慣れた名曲ばかりなので、とても聴きやすくお子様達とも楽しめます♪

c0181769_00544547.jpeg


みなさまはオススメのクリスマスソングはありますか?
この季節ならではのインテリアと気分を盛り上げる音楽で素敵なクリスマスシーズンを過ごせますように173.png

アメリカのアシュレイに届いている、お家で楽しむクリスマスデコレーションも賑やかです101.png
c0181769_00522555.jpeg


c0181769_00543730.jpeg

c0181769_00530373.jpeg

c0181769_00531373.jpeg

c0181769_00524245.jpeg


c0181769_00521667.jpeg

c0181769_00520503.jpeg

c0181769_00514549.jpeg

期間限定のクリスマスセールも、まだまだ開催中♪
この期間だけの素敵なセールとなっていますよ177.png
Happy Holidays!


【🎄クリスマスセール🎄】〜12/25まで♪




【公式HP】

M.Fukai


by ashleyfurniture | 2018-12-10 07:00 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

今年の冬は全国的に平年より気温が高いと言われていますが、12月に入って、さすがに寒さを感じるようになりましたね170.png
アメリカ人の冬の家での過ごし方と言えば、ロッキングリクライナーに座りながら暖炉の前でくつろいだり、照明を落として家族でスモア(焼マシュマロとチョコレートをグラハムクラッカーで挟んだスイーツ)を食べたり、愛犬と添い寝をする、なんてワンシーンをイメージします112.png

アメリカでは、ファミリールームと言って、お客様を招待するリビングとは別の空間を主にベースメント(地下)などに設けています。
家が大きいアメリカだからこそ作れるファミリールームですが、家族だんらんのプライベートの時間を大切にしようという考えは素敵ですね110.png
ほとんどの家庭のファミリールームには、リクライニングソファコーナーソファなどの大型ソファを置いて、家族でくつろげるようにしています。

アシュレイのリクライニングソファに座られたことのある方、愛用されている方はおわかりかと思いますが、本当に快適です!

是非、店頭にてお試し頂きたいところではありますが、今日は神戸店に展示しているリクライニングソファをご紹介します101.png

c0181769_10491305.jpg
①7140088 Reclining Sofa W231 D99 H107cm ¥148,000(税抜)

リクライニングソファは、基本的にハイバックなので、もたれた時に全身がサポートされて、リラックスしながらくつろぐことができます。
c0181769_10491981.jpg
サイドに付いているレバーを引いてフットレストを出した後に、背もたれに体重をかけると、写真のようにリクライニングします。

(ちなみに、サイドテーブルの上に乗っているフェイクビアーも販売しております。)
c0181769_11210923.jpg
左:グラス ¥4,900(税抜) / 右:ピッチャー ¥13,600(税抜)

c0181769_10492596.jpg
コチラのリクライニングソファには、ヴィーガンレザーと言って、革の風合いが見事に再現されたポリエステル生地が採用されています!
汚れや傷が付きにくいのが特徴で、ペットを飼われていたり、お子様が小さい方にオススメの生地です165.png

c0181769_10492982.jpg
7140094 Reclining Loveseat W203 D99 H107cm ¥148,000(税抜)
2人掛けには、車の運転席に見られるようなコンソールが付いているので、映画鑑賞には最適ですね!

c0181769_10172489.jpg
1人掛けタイプもあります。
7140025 Rocker Recliner W109 D97 H107cm ¥88,000(税抜)

一度座ると、モデルさんのような満面の笑みが思わずこぼれてしまうこと間違いなしです104.png


c0181769_11194609.jpg
②1770177 2 Seat Reclining Sofa W239 D107 H107cm ¥152,000(税抜)
最近入荷したばかりのワイドタイプの2シーターリクライニングソファです。

c0181769_11195531.jpg
照明の加減によってややシャンパンゴールドのニュアンスを感じる生地には、光沢があって高級感がありますね109.png
手触りが非常に良く、いつまでも撫でていたくなる、そんな動物のような生地です。
アメリカならではのフカフカした座り心地は、腰をかけたらもう立てなくなってしまうほど快適ですよ106.png


c0181769_11315564.jpg
③4870125 Rocker Recliner W109 D102 H102cm ¥100,000(税抜)
座ってビックリ!ゆらゆら揺れるロッキングタイプです147.png
鋲がアクセントになっていて、スタイリッシュな印象ですね!3人掛けのソファに合わせてコーディネートしたり、寝室のベッド脇に置くのもよしです!

c0181769_11320028.jpg
こちらも革ではなく、ヴィーガンレザーというポリエステル生地です。


c0181769_11384670.jpg
④左:1880327 / 右:1880527 Glider Recliner W81 D99 H99cm ¥82,000(税抜)
横幅が81cmというアメリカにしては珍しいスリムなサイズのリクライナーです164.png
「ロッキング」ではなく「グライダーリクライナー」になりますが、揺れ方が異なります。
表現がとても難しいのですが、ロッキングは木馬のように揺れて、グライダーは土台が固定した揺りかごのような動きになるのですが、座ってみないと違いがわかりませんよね105.png


c0181769_11575207.jpg
⑤左:7500325 / 右:7500225 Rocker Recliner W84 D107 H107cm ¥58,000(税抜)

c0181769_11575655.jpg
“Durapella”というアシュレイ社オリジナルのマイクロファイバー生地は、スエード調の質感で強度があります166.png
58,000円という買いやすいお値段も魅力的ですね!
こちらのDarcyというシリーズは、唯一9色ものカラーバリエーションからお選びいただけます106.png
c0181769_12200160.jpg

c0181769_12324263.jpg
包み込まれるようなリクライニングソファと一緒に、この冬を乗り越えてみるのはいかがでしょうか?

Uemura



by ashleyfurniture | 2018-12-03 12:33 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

アメリカの豪華絢爛の時代を描いた映画のご紹介♪

時は1920年代。石油王ロックフェラー、鉄鋼のカーネギー、自動車産業のフォード、アメリカ産業の成長は勢いを止めることを知らず世界第1位の経済大国となり、ウォール街では息を吸って吐いているだけでも好景気であった“狂騒の20年代”を生きた、F・スコット・フィッツジェラルドの小説の5度目の映画化。
バズラーマン監督、レオナルドディカプリオ主演の『華麗なるギャッツビー』(The Great Gatsby)。とにかくゴージャスで、インテリア、ファッションもきらきら煌めいています173.png

c0181769_00493203.jpeg
インテリアは当時(1920年代)流行であったアールデコ調


ストーリーは、かつて恋に落ちたけれど今は別の男性と結婚してしまった愛する女性デイジーを取り戻すために大富豪となったジェイ・ギャッツビーの物語。ストーリーテラーは、そのギャッツビー邸の横のお家に引っ越してきた小説家でありながら駆け出し証券マン、ニックの視点から語られています。

当時のかなりの好景気の様子が描かれていますが、そのゴージャスぶりが桁違い!
それを、今回のバズラーマン監督ならではの現代的描写を加え、当時の臨場感を体感させてくれるような映画です。

アメリカの原点とも言えるようなこの映画を、ミュージック、インテリア、ファッションから見てみましょう♪



c0181769_02262553.jpeg

ギャッツビー邸で毎週末行われる豪華パーティーの様子


ミュージック
公開当時賛否両論もあったそうですが、このパーティーに車で夜な夜な集まるシーンは、重低音がぶんぶん効いているHIPHOPなんですよね。
この時代の最先端音楽といえば、JAZZですから描写としては全くありえない。でも観る側にはとてもイメージしやすい現代的な感じが、音によって再解釈されているかのようです。
しかしパーティーといえば音楽は欠かせませんから、この狂騒パーティーで生演奏しているオーケストラはクラシックやジャズを演奏しているのです。

ギャッツビーの登場シーンなんて、オケの方々が「ジャズやろうぜ!」と始まった、ジョージ ガーシュウィン代表作『Rhapsody in Blue』。これが当時の最先端の音楽。それが鳴り響く中、背景には打ち上げ花火が夜空に響き渡り、ギャッツビーであるディカプリオが最高に作られた極上スマイルで「僕がギャッツビーだよ」とニックに挨拶するわけですが、このシーンだけで当時の好景気ぶりが再現されているといってもいいくらい派手!ここまでの演出は映画とはいえ、こういうパーティーは実際にも行われていたようです。

c0181769_08424894.jpeg
https://www.pinterest.jp/

レオ様極上スマイル101.png


毎晩開かれるパーティーこそが消費の美德とされていたこの時代。この時期は禁酒法時代であったわけですが、こっそりお酒を提供するギャングの運営するナイトクラブなどが社交場として栄えたのだそう。バブル期を彷彿させるようなシャンパンタワーやパーティーの演出も、狂乱の20年代から。


インテリア
まさにアメリカンドリーム、自身の力で富を手に入れたギャッツビーのお城は、最初の写真でもあったように当時の流行を反映したアールデコ調インテリア。

c0181769_11515814.jpeg
https://www.pinterest.jp/

マスターベッドルーム

このお城も愛するデイジーのために作り、実際にヨーロッパから建材を運んできたんだとのこと!やること全てが桁違い!
実はこれもモデルのお話があったようで、こちらも名作映画『市民ケーン』のモデルでもあるランドルフハースト氏がある女優さんに惚れ込み、同じように建材を持ち込みカリフォルニアにお城を作ったというエピソード。恋の力は偉大ですね!


それとは逆に、アメリカの資産家生まれのギャッツビーの愛するデイジーの夫、トムの家は昔から名家が住む地域にある伝統的様式な豪邸。

c0181769_12173993.jpeg
https://www.pinterest.jp/

格式高いジョージアン様式の建物

c0181769_23242593.jpeg
https://www.pinterest.jp/

クラシカルなインテリアに、ゴールドを用いたハリウッドスタイルも感じさせる華やかな演出



ちなみに語り手ニックの、家賃80ドルの大豪邸のお隣のお家。
緑に囲まれ、自然と共存しているような素朴なスタイル

c0181769_23290269.jpeg
https://www.pinterest.jp/

シンプルなデザインながらも直線を生かした19世紀のアーツアンドクラフツな佇まい。ボロ屋に住んでいるよという設定ですが、マントルピースが素敵だったり、ナチュラルな色使い、むしろ住んでみくなるようなかわいいお家です。



ファッション
c0181769_01253947.jpeg
https://www.pinterest.jp/

衣装を手がけるのは、ブルックスブラザーズ、プラダ、ミュウミュウ。ジュエリーや調度品はティファニーが提供というハイブランドのコラボレーション。

実際に作者のフィッツジェラルド氏自身もブルックス ブラザーズを愛用していたようで、紳士的なアメリカントラッドスタイル。

NY老舗ホテルのプラザホテルでのこのシーンなんて、夏なのにアメトラは崩しません。当時のエアコンは、扇風機の近くに氷をおいて冷風を送るというもの。紳士的な振る舞いも大変です。


デイジー役のキャリー マリガン。超絶にキュート。

ティファニーも20年代、社交界で愛されていた老舗ブランド。
アンティークや当時のデザインのリメイクしたものなども使われているそうです。




ちなみに1974年にリメイクされているロバート レッドフォード主演のギャッツビーの衣装はラルフローレン。こちらの衣装も今見ても素敵なデザイン。



『華麗なるギャッツビー』(The Great Gatsby)という邦題ですが、何もかも手にいれたかのようにみえる主人公ジェイ・ギャッツビーの屈折してしまった愛情と、アメリカンドリームを手に入れ、崩壊を描いたこの映画。
この時代を生き抜いた作者のフィッツジェラルド氏が、この時代に起こっている瞬間を小説に書き留め、バズラーマン氏がこの“狂騒の20年代”を映画を通じて現代的に見せてくれる、当時を体感できるような映画です♪インテリアもファッションもとても素敵162.png

1920年代アメリカのゴージャスで煌びやかな時代にトリップしたい方はぜひ109.png


c0181769_10510210.jpeg


M.Fukai



【公式HP】


【関連記事】







【参考HP】





by ashleyfurniture | 2018-11-05 11:00 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

『誕生日にバーキンを買おうと思っていたんだけど、家具にしたの』

c0181769_09221434.jpeg
https://www.pinterest.jp/


S様が横浜店の地下2階から地下一階へ上がる途中の、ビジュアル的にはどこかの倉庫の階段かと思うようなバーキンという響きとは程遠い場所で、ふいにおっしゃっていたのはちょうど去年の今頃の季節のことでした。

**************************************************************************************************************
本日は少々内容を変え、お客様とのエピソードのお話です。
個人的内容を含みますが、お客様のご了承を頂きブログにさせて頂きました。
**************************************************************************************************************

S様はご自宅のリフォームにあたりアシュレイでダイニングをご購入されてからとてもアシュレイを気に入って下さっていました。ダイニングご納品後、リビングの家具、またベッドルームのドレッサーをかえたいとのことで、色々お話をお伺いし商品のお探しのお手伝いをさせて頂いていており、リビングイメージは、ダイニングに合わせて決まり、残す問題はベッドルームのドレッサーをどうするか。


ドレッサーはなぜ問題かというと、ドレッサーは買いたいけど今のベッドなどとイメージを合わせて選ぶと代わり映えがしなくなってしまうということでした。
ベッドルームはご新築の際に揃えられたもので“いい家具”とのこと。ただ現状使っていないものもあり、せっかくドレッサーを変えるなら、できるならば雰囲気も変えたい。
でも今のイメージに合わせると選べる家具も少なく、イメージも変わらない、、、。
“いい家具”として揃えられた家具たちは、約20年の時を経て機能的役割を果たすためだけのものになっていたようでした。

であればイメージの同じようなドレッサーを買うよりも、思い切ってベッドルームを新しくトータルでコーディネートしてみるとより素敵ですよねというお話になり、そこからS様のベッドルーム作り、お部屋作りの始まりです。

c0181769_09224862.jpeg

「この家具が好きなの」
以前ご来店の時から気に入っていたという、アシュレイのベッドルームシリーズ。はじめはご検討されていた買い替えのドレッサーとはまた色も雰囲気も全くことなるけれど、せっかく変えるのだから好きなシリーズで揃えたいとのこと。そして家具が決まり、ランプや小物などのお話をしている途中で、ふいにおっしゃっていたのが冒頭の言葉でした。

ご来店されたその月はS様のある節目のお誕生日月であり、その節目のお祝いとしてバーキンを買おうかと思っていたとのこと。でも最近はお出かけするよりもお家で好きなことをして好きな時間を過ごしたい、その中でアシュレイに来てからお部屋作りに目覚めバーキンではなくベッドルーム一式をイメージチェンジすることにしたのというお話をしてくださったのでした。そんなS様の大切なタイミングでアシュレイの家具を選んでくださったこと、そしてふいにそのようなエピソードを教えてくださったこと、なんだか嬉しくて涙がでそうになってしまった会話であったのをよく覚えています。



それから約1年が過ぎ、先日S様がご来店頂いた時のこと。

『家具を変えてから、家から出たくなくなっちゃった』

あれからS様はリビング、ダイニングはじめベッドルームそしてアウトドアなどをアシュレイで揃えていただき、お部屋を彩るアクセサリーもアシュレイでコーディネートをさせて頂いたのですが、ご納品後に頂いたこの言葉が素敵すぎて。思わず記事として書かせて頂いてしまいました。

今、家から出たくなくなちゃったというS様は、聞けば昔はお出かけばかりしていたとのこと。時を重ねるにつれて家を変え、インテリアを変え、雑貨を彩り、豊かな空間を仕上げたことで、出かけるよりも家にいる豊かさを楽しんでいるのだそう。

例えば1年前にエルメスを選択していたら、S様はこの1年の過ごし方が変わっていたかはわかりませんが、バーキンというステイタスでもあり、憧れでもあるエルメスを持つ選択と、アシュレイで家具をコーディネートするという選択。アイテムとしては大きな違いがあるように思いますが、でも毎日の生活を豊かにする方法としてきっと何を求めていたかということの違いなのかなと。

以前とある輸入キッチンのメーカーさんとお話をした時に、「ライバルは、キッチンメーカーではなく車です」とお話していたことを思い出し、つまりは何年かに一度車を買い替えるのならば、ざっくり言えばキッチン買いかえた方が生活が楽しいよ!ということなのですが、物質的なものではなく本質的な豊かさを感じる方法として家具やキッチンを選ぶのもひとつの方法なんですよね。それが高級品と呼ばれるものかどうかではなく、好きなものを見つけて、好きな空間を作れたら本当に素敵なこと。


それをアシュレイで実現して頂き、たくさんのお言葉を下さったS様。
本当にありがとうございます162.png

アシュレイはエルメスのような普遍的で職人技のようなアイテムはないかもしれませんが、でもきっと毎日の生活にときめきとくつろぎを与えてくれるアイテムはたくさんあると思います♪
もしなんとなく今お使いの家具に愛着が持てなかったり、インテリアをかえてみたい思いがある方がいらしゃったら、イメージだけでも作りにご相談下さい101.png
アシュレイできっと何かヒントが見つけられると思いますよ173.png

最後にブログ記事へのご了承頂いたS様への感謝とまたのご来店とお話をお伺いできる日を楽しみにお待ちしております162.png

今回個人的なエピソードとなりましたが最後まで読んでくださった方ありがとうございます。
皆様のご来店心よりお待ちしております110.png





M.Fukai



【公式HP】







by ashleyfurniture | 2018-10-15 07:00 | おすすめ | Trackback | Comments(0)