人気ブログランキング |

アシュレイのウォールシェルフを◯◯に!ひと手間加えたリメイクアイデア

DIYが盛んなアメリカに習って、学生の頃からDIYやインテリアアイテムのちょっとしたリメイクに挑戦してきましたが、最近またマイブームとなっています。
DIYやリメイクをするための道具や材料を、ホームセンターや100円ショップに行って選ぶ時間も楽しいですよね!
買い物する時間がなくても、今ではスマホがあれば何でも手に入ってしまう、しかも注文した翌日には商品が届くような時代なので、DIYやリメイクがより身近になったのではないでしょうか。

さて、今日のブログでは、近頃自宅でリメイクしたアシュレイのアイテムをご紹介します!
ブログのタイトルは、「アシュレイのウォールシェルフを◯◯に!~」ですが、その◯◯とは•••







「リカーラック」です!
ワインボトルや洋酒、グラスなど、部屋に出ていてもインテリアとして格好良いものを壁面で見せながら収納できたら一石二鳥ですよね。

そこで、今回使うアシュレイのウォールシェルフはこちら。
c0181769_21105270.jpg
A8010107
Sサイズ:W36 D15 H36cm ¥3,800(+tax)
Mサイズ:W46 D15 H46cm ¥4,200(+tax)
Lサイズ:W56 D15 H56cm ¥4,700(+tax)

3点セットのシェルフですが、1サイズだけ購入することも可能です。
シンプルながらゴールドが程よくアクセントとなるウォールシェルフなので、そのまま壁に掛けてお気に入りのものを置くだけで十分素敵になります。

c0181769_21195072.jpg
(これはリカーラックにする前に自宅で飾っていた時の写真です。)

リカーラックにリメイクすると言っても、大げさな加工は必要ありません。
プラスする材料はワイングラスを吊るすためのグラスハンガーとミラーシートの2点のみです。
c0181769_21205277.jpg

c0181769_21205864.jpg
どちらも生活用品店やホームセンターで手に入ります。ちなみに、私はインターネットで購入しました。
グラスハンガーはシルバーが主流ですが、シェルフの色に合わせてゴールドを選んでみました。

c0181769_21213541.jpg
まずはこのグラスハンガーをシェルフの底板にビスで取り付けます。

c0181769_21220797.jpg
※底板が薄いので、短めのビスを使うようにしてください。

c0181769_21230154.jpg
ビスが長いと貫通してしまいますので要注意です。

c0181769_21221467.jpg

c0181769_08474376.jpeg
これでグラスをかけることができます。

続いてはミラーシートの出番です。
c0181769_21233201.jpg

c0181769_21243557.jpg
ミラーシートをシェルフの形に合わせてカッターで切り取ります。
切り取ったシートを直接壁に貼った方が楽ですが、賃貸住宅の為、剥がした時に壁紙を傷める可能性があるので、シェルフの裏面に両面テープを貼って、ミラーの面が前にくるようにしました。

c0181769_21244224.jpg

c0181769_21233953.jpg

ミラーシートを貼るとこんな感じです。
c0181769_21265464.jpg
あくまでミラーシートなので、歪みはご愛嬌で(笑)
ある程度ボトルなどを置けば、ミラーシートを貼らなくてもOKですが、ミラーを貼ることでコレクションケースのようになって、ボトルをやグラスが引き立ちます。
ミニバーを備えている海外の住宅や、バーのリカーキャビネットの背面にはミラーが貼られていることが多々あるので、それを参考にしました。

完成したら、あとは壁に掛けるだけ。
c0181769_21270043.jpg
今回は石膏ボード壁専用のハイパーフックかけまくりを使って壁に取り付けました。

c0181769_21342230.jpg
制限荷重は1フックあたり2.5kgなので、2箇所で留めればワインボトルなどを数本置いても大丈夫です。

さらに完成度を高めるには、タッチライトをラックの上に付けてみてください。
c0181769_21271520.jpg
リモコンで操作ができて、明るさ、色味を調整できる優れものです。軽量なので天井に両面テープで貼り付けられますが、賃貸住宅の場合は壁を傷めない剥がせる両面テープを使ってくださいね。

ライトアップするとこんな感じです。
c0181769_21270735.jpg

とりあえずMサイズのシェルフをリメイクしましたが、Sサイズを両脇に足す予定です。

バーやレストランなどの壁に複数が無造作に飾られていても素敵じゃないですか?


以上、ウォールシェルフをリカーラックにリメイクしたアイデアでした!

アシュレイのアイテムを使った簡単にできるリメイクアイデアがあれば、またブログご紹介させて頂きますね。


Uemura

トラックバックURL : https://ashleyfurn.exblog.jp/tb/30353618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chubbtadd at 2019-07-08 07:38
日本人は「空間を利用」することはとてもうまいのですが「飾り付ける」ってあまり得意ではない気がします。だから「100円ショップヲリメイク」とかする方が多いですが・・・

あくまで僕の感想ですが「100円って何万円使ってもその形は100円でしかない」と思ってしまいます。

アメリカの製品はすごく素晴らしい!とまでは言い切れないですが('◇')ゞでも美しさはとても美しくできてる。

映画に夢があるように。

今回のこのウォールデコもとても素敵。でもこれを付けたらまたアシュレーのアクセサリーも欲しくなっちゃう・・・


Commented by ashleyfurniture at 2019-07-08 11:41
chubbtaddさん
いつもコメント頂きありがとうございます!
chubbtaddさんのおっしゃる通りです。飾り付けに関しては見習うことばかりです。アメリカは住宅、インテリアに対しては特に意識が高く、内装、家具、アクセサリーのデザインが美しくて、本当に素敵だと思います。
空間を彩るのに欠かせないアクセサリーがたくさん入荷しておりますので、横浜周辺にお越しの際は是非お立ち寄りください!
by ashleyfurniture | 2019-07-08 06:00 | スタッフのプライベート | Trackback | Comments(2)