インテリアをセンス良く見せる大きなポイントのひとつ『モールディング』。海外のモールディングやたくさんの輸入建材を扱うハウディーさんに、先日新商品のカタログ撮影があるとのことでディスプレイのお手伝いをさせて頂きに行ってきました!

その新商品とは、『モールディングシェルフ』です♪
c0181769_22515969.jpg

c0181769_22524445.jpg
通常天井や窓の縁取りや装飾として幅広く使われるモールディングですが、そのモールディング素材を用いて海外らしいデザインを取り入れた壁にかけるシェルフ。
実はとても簡単に取り付けができ、壁を彩るウォールデコレーションアイテムとして気軽にDIYできてしまう『モールディングシェルフ』がいよいよお披露目となりました。

c0181769_22533693.jpg
カラーはホワイトと、

c0181769_22544546.jpg
グレーの2色展開


より色を楽しみたい!という方には、無塗装のタイプもあるそう。お好みのカラーを見つけてアレンジも楽しめます109.png
昨年ハウディーさんが渋谷東急ハンズにてイベントを行いDIY素材としてとてもご好評で(東急ハンズ内の様子)、今年1月末までのブースも現在引き続き展示されているそうです173.pngフォトフレームやフックや、ピクチャレールなどなど、たくさんのアレンジが可能でDIYの醍醐味が感じられそうな「あったらいいな177.png」の想像力を掻き立ててくれるモールディング素材。DIY上級者の方には素材からのセレクトも楽しいと思います♪

今回のシェルフはそのDIYをできるだけ簡単に取り入れやすくしたアイテム。
木製素材で質感もよく、程よい奥行き、石膏ボードにも取り付けができ、取り付けも簡単!ありそうでないクラウンモールデザインがハウディーさんならでは。お部屋のポイントとしてセンス良くワンランクアップさせてくれる素敵なアイテムです。

先日実際に取り付けた時の様子。
取り付けはとっても簡単3Step♪

【モールディングシェルフの取り付け方】
①釘を打つポイントを定める
c0181769_01152635.jpeg

シェルフ背面に左右二箇所の突起が付いており、つけたいポイントにぐっとシェルフを押し当てます。その際に中央の矢印のところがポイント!実はこのシェルフこのような左右のバランスが確認でき、水平のとれる優秀アイテムがついてくるのです!!これで簡単に左右の取り付け位置が抑えられます。

②釘を打つ
c0181769_01153922.jpeg
先程押し当てたところに小さな目印ができるので、引っ掛けフックを釘で打ち込みます。
c0181769_01160104.jpeg

通常の釘よりも小さめの穴なので修復もしやすい♪


③ひっかける♪
c0181769_01162852.jpeg
左右このように釘を打てば、あとはひっかけるだけ101.png

c0181769_01165066.jpeg
ここでも中央の水平バランス確認アイテムで、水平の最終確認。

c0181769_01170990.jpeg
そして完成〜179.png
いかがですか?
ご自宅にトンカチさえあれば、簡単に取り付けができます

あとはお好みのアクセサリーでディスプレイ110.png
c0181769_22533693.jpg
簡単で素敵でしょう162.png

安定もいいので、見せる収納としてもおしゃれにレイアウトできます!

c0181769_08411932.jpeg
https://www.pinterest.jp/
本や雑誌を飾ったり


c0181769_08414984.jpeg
https://www.pinterest.jp/
コレクションのアイテムや季節のデコレーション177.png


c0181769_08415805.jpeg
https://www.pinterest.jp/

c0181769_13042672.jpeg
https://www.pinterest.jp/

キッチンやランドリー、バスルーム周りにも。


c0181769_13054304.jpeg
https://www.pinterest.jp/

ウォークインや玄関で使えそうなこんなアイデアも!ショップのようにディスプレイできますね。


c0181769_13044309.jpeg
https://www.pinterest.jp/
ベイビーやキッズのお部屋のアクセントに。

c0181769_08421849.jpeg
https://www.pinterest.jp/

c0181769_13053367.jpeg
https://www.pinterest.jp/

ソファ背面の壁にも、このように使うと気軽に絵を替えたりアクセサリーを飾ったりするスペースができレイアウトの幅が広がりますね!


今回の撮影場所はハウディーさんの横浜展示場
アシュレイホームストア横浜店から車で15分ほどのハウスクエア内にあります。
海外インテリアを実現するために必要なアイテムがリーズナブルなものからこだわりの一品まで幅広く取り扱いがあり、キッチンや収納家具などのオーダーアイテムも充実しています。
先月この横浜展示場のリニューアルオープンがあり、今回その一室をアシュレイホームストアでコーディネートさせて頂きました。また内装は後日ご紹介いたします!

モールディングシェルフの詳細もハウディーさんのHouzzにてご紹介されています109.png
たくさんの海外インテリアに近づけるアイテムやヒントが載っているので是非ご参考にしてみてくださいね!

c0181769_22515969.jpg

c0181769_22550506.jpg

M.Fukai





# by ashleyfurniture | 2018-08-19 08:00 | おすすめ | Trackback | Comments(0)

海外のドラマや映画、雑誌に登場するお洒落なインテリアには、思わず見惚れてしまいますよね112.png
先週、お洒落な空間を作るためには「アクセサリー」が不可欠という記事を書かせて頂きましたが、それでもまだ、思い描いているような雰囲気にならない…とお悩みの方はいらっしゃいますか?
日本と海外のインテリアの大きな違いである「○○」を変えることで、その問題は解決できます!
その「○○」とは、、、?














「照明」です!!

c0181769_12030420.jpg
欧米では、蛍光灯(白くて明るい光)を使うことがほとんどなく、白熱灯(オレンジ色のムーデーな光)が主流です。
また、日本とは違って部屋全体を照らすというよりも、部屋の角やテーブルなどの家具、ベッドサイドといった明るさが必要な箇所のみを部分的に照らします。(いわゆる間接照明というものですね!)

我々日本人からすると、暗いと感じてしまうかもしれませんが、ブルーやグリーンなど薄い色の瞳を持つ欧米人は、瞳のメラニン色素の量が少ないため、薄暗いくらいの明るさを好みます。
欧米人が日中サングラスをかけているのも納得ですよね114.png
「そんな明るいところで勉強してたら眼を悪くするよ!」といった日本と真逆の感覚なのでしょうか147.png

日本では、照明は「部屋を明るくするためのもの」と考える一方、欧米では景観やムードを重視する文化から、「部屋のデザイン性、統一性にこだわり、照明の明るさを控えめにしている」そうです。
特にアメリカでは、蛍光灯の青白い光は病院や工場を想起させるといった理由からも、白熱灯の明るさが好まれています。(私もここ10年近くの間、自宅ではテーブルランプの明かりだけで過ごしているので、明る過ぎる室内にはなんとなく違和感を感じるようになってしまいました105.png)
c0181769_12430890.jpg

とは言え、日本でもホテルやレストランでは、欧米に習った間接照明の演出を採用していますよね。
ホテルに泊まった時に、日常の生活よりも暗いと感じながらも、慣れると落ち着きませんか?
欧米のホテルやレストランでは、ムーディーで薄暗い方が高級、ラグジュアリーと見なされる風潮があるようです。
c0181769_12025021.jpg
これはアメリカのレストランで撮った写真です。
もはや人の顔もよく見えないほど(笑)
(ちなみにアメリカでは日本料理のように繊細さを求めないので、ちょっと薄暗いくらいの方が美味しく見えるのだとか103.png )

c0181769_12021891.jpg

c0181769_12021308.jpg

c0181769_13150776.jpg
写真はHouzzより。(Houzzについては過去のブログにてご紹介 )

ということで、部屋のメインとなる照明を蛍光灯から白熱灯に変える、もしくはテーブルランプフロアランプなどの間接照明を複数取り入れることで、空間が一気にお洒落な雰囲気になります! ということが今日みなさんにお伝えしたかったことです101.png

最後に、間接照明を上手に取り入れたアシュレイのお客様の素敵なリビングルームの納品事例です。
c0181769_12011790.jpg
日本とは思えないお洒落な雰囲気ですよね150.png
もちろん、家具のコーディネートもお見事ですが、間接照明の使い方も重要なポイントです164.png

日本の住宅でも、アメリカのインテリアを再現することは可能ですので、思わずうっとり見惚れてしまうような部屋に変身させたいと思った方は、照明を変えてみてください!

Uemura





# by ashleyfurniture | 2018-08-14 07:00 | 新着情報 | Trackback | Comments(0)

本日は先日入荷してきたばかりの横浜店のアクセサリー情報です♪
先日ようやく店内デコレートが終わり、ショップ店内はアメリカ、アシュレイらしい盛りだくさんのデコレーションでとっても賑やかになりました!

c0181769_00191514.jpeg

アシュレイのアクセサリー雑貨は年に1〜2回主にアメリカに買い付けに行き、毎年買い付けるアイテムもその年のトレンドアイテムやアシュレイのコンセプトに合うものをセレクトしています。

最近はアシュレイからも沢山のアクセサリー雑貨のラインナップも増えてきましたが、この買い付けアイテムがないとデコレーションもいまいち盛り上がらない、アシュレイのインテリアを楽しむには欠かせないアイテムたち♪
先日のブログでもご紹介していたように、アメリカンインテリアを作るにはアクセサリー雑貨は必要不可欠です!(記事 アクセサリーは必要?不要?
入荷したての旬なトレンドアイテムのご紹介!

まずは今年のスタイルの代表「ファームハウススタイル」

Farm House Style
c0181769_00193148.jpeg

c0181769_00200784.jpeg

c0181769_00202191.jpeg

c0181769_00203852.jpeg

ファームハウススタイルとはアメリカンカントリースタイルをイメージした、素朴さや懐かしさ、自然と調和したデザインを取り入れたスタイル。(過去ブログでもご紹介)
明るめの素材感のある家具にファームハウスをイメージさせる、アニマルやグリーンやヴィンテージ感の強いアクセサリー雑貨をレイアウト。
ナチュラルな自然の中にいるような、どこかリラックスできる暖かみのある空間になります♪

このファームハウススタイルのトレンドの背景として、世界的な都市部への人口増加があると考えられています。大都市の中に、安らぎや癒しを求めてのトレンドスタイル。
ファームハウススタイルの中でも「ファームハウスアーバン」「ファームハウスモダン」というワードもあるくらい、都市部でファームハウススタイルを行うことが2018年のトレンドです。

Farm House Urban(ファームハウスアーバンスタイル)
c0181769_17113824.jpeg
c0181769_17100527.jpeg


ちなみにこのファームハウスと同じようなキーワードとして、ヨーロッパトレンドでは「オアシス」というキーワードがトレンドです。
「アーバンオアシス」と呼ばれ、大都市の中でたくさんのグリーンを使いやジャングルをイメージしそうなちょっぴり南国スタイル。

c0181769_22392890.jpeg

その南国キーワードの中での近年トレンドアイテムはこちら!

パイナップル
c0181769_00235108.jpeg

ここ数年、パイナップルモチーフは雑貨やお洋服などでもたくさん使われているのを目にしますね!パイナップルモチーフは「富」や「おもてなし」を意味する象徴的なアイテムです。

c0181769_00211748.jpeg


c0181769_00222232.jpeg

ルーツは約500年前、大航海時代のコロンブス探検隊まで遡ります。
新たな地を開拓しにアメリカ大陸へやってきた人々が出会った、今まで体験したことないようなあまく美味しい果実。それがパイナップルです。イギリスやヨーロッパでは、パイナップルが育つような太陽の光や暖かさはありませんから、当然栽培はできません。そして当時は冷蔵庫もありません。
冒険家たちが船で大海原を渡り運んでくるしかないので、そんな悪状況の中食べられる状態でヨーロッパに着くのは至難の技!当時のヨーロッパのダイニングテーブルの上でパイナップルが置かれている、というのはまさに富とおもてなしの象徴です。
当時の価格では、馬車と同じくらい!の価値があり、貴族達の間では、パーティーの際レンタルすることもあったそう。
庶民には到底辿り着くことのできない甘い果実だったんでしょうね。現代に生まれて本当によかった!

パイナップルモチーフはテーブルやコンソールの上にさりげなく置いても、トレイの上に置いても、存在感があるのでとっても映えるアイテムです♪


同じく南国やトロピカルなイメージ。

サボテン

c0181769_00275461.jpeg

砂漠の中でたくましく美しく生き抜いているサボテンモチーフ!
本物の植物のサボテンもとても可愛いですが、サボテンモチーフのアクセサリー雑貨やファブリックなどもたくさん出ています。
生き抜く、そのたくましさから生命力を表すモチーフ。


続いてはトレンドカラー。

Navy &Gold
c0181769_00264319.jpeg
Navy(Blue)とGoldの組み合わせ。
Goldは近年、Silverよりたくさんの色と組み合わせてラインアップが展開されています。
Goldの色もきらきら煌びやかなものより“ソフトゴールド”と呼ばれる、つや消しのような風合いがトレンド。エレガントすぎず様々なテイストに合わせやすい質感。家具などのラインナップも多く出ています。

ソフトゴールド
c0181769_14061375.jpg


そして、夏真っ盛りの今のエントランスは、“Coastal Style”。
c0181769_00230864.jpeg

c0181769_00211748.jpeg

既にもう定番のCoastal Style
いま夏をもっと楽しめるアイテムや、1年中夏を感じられそうな海のモチーフのアイテムも今が一番揃っていますよ!

c0181769_00285538.jpeg



毎年トレンドは移り変わっていきますが、トレンドアイテムは歴史があるアイテムやデザインの再確認だったり、世の中の動きが反映されていたり、「トレンド」というキーワードの中から、自分の好きなものや新しい気づきが発見できたりします。そして何より旬なものにはパワーがあります169.png

アシュレイではまだまだご紹介しきれないたくさんのアクセサリー雑貨が揃っていますよ♪旬なトレンドアイテムやあなたのお好みのアイテムを見つけてお部屋作り楽しんでみませんか?

また店内の様子を動画にしてみました♪
画像があまり良くなかったですが134.png、店内各フロアのそれぞれのカットあります!
店内の雰囲気伝わりますでしょうか177.png



お家でのリラックス空間を演出するためにお好みのアクセサリー雑貨、ぜひ見つけてくださいね102.png

SNSのフォローでアクセサリー雑貨10%offキャンペーンもまだまだ継続中!
Instagram、Facebook、Twitter、LINE
HPからチェックしてみてくださいね♪
M.Fukai



# by ashleyfurniture | 2018-08-12 06:57 | アクセサリ情報 | Trackback | Comments(0)

こんにちは101.png

アシュレイからアクセントテーブルが入荷しましたので、ご紹介します‼
ソファの横に置いたり、ナイトテーブル代わりに寝室で使ったり、気軽に移動できるのも魅力的です165.png


まずは【&】文字型のアクセントテーブルです。
天板と側面の材質が違い、【&】の他にも【X】と【O】の文字があります。
テーブルとして使うのも、お部屋のアクセントとして使うものオススメです109.png

c0181769_14082486.jpg
アクセントテーブル A4000044 W56 D49 H46㎝ ¥21,200(税抜)



次は、切り株のような天板が印象的なこちらをご紹介します‼
シルバー天板とブラック脚の組み合わせがステキです。
シンプルなソファにもアクセントとして合わせて頂けそうです✨

c0181769_14055993.jpg
アクセントテーブル A4000074 W46 D46 H53 ¥14,000(税抜)



最後はゴールドのアクセントテーブルです。
ソファ横にテーブルをセットすると、ランプやフォトフレーム等のアクセサリー色々飾りたくなりますよね?!104.png
でも…映画やテレビを見てゆっくり過ごす時は、飲み物やお菓子も置きたいな‐という人にオススメです‼
サイズ違いのテーブルもセットになっているので、必要な時に出して使えます165.png

c0181769_14061375.jpg
c0181769_14092896.jpg
アクセントテーブル(2個セット) A4000048 W50 D50 H61㎝ ¥37,200(税抜)



この他にも、アシュレイから輸入家具らしいステキなデザインのアクセントテーブルが出ています104.png
今お使いの家具に1点合わせてみるのはいかがでしょう?169.png


もう1点お知らせです‼
現在『Photo Contest』を開催しております。
富士家具グループ(ASHLEY・songdream・FUJIKA)でご購入いただいた皆様の素敵なインテリアを募集しています。
豪華賞品もご用意しておりますので、〈募集要項〉をお読みいただき、皆様からのご応募お待ちしております。

フォトコンテストはこちら








# by ashleyfurniture | 2018-08-10 16:45 | Trackback | Comments(0)

おそらく、多くの方はアクセサリーが好きですよね?

男性女性問わず、ネックレスやブレスレット、ピアス、リングなど、お洒落のため、または個性を表現するためにアクセサリーを身に付けるかと思いますが、インテリアにおいてもアクセサリーは、空間をお洒落に魅せるのに欠かせません!


アクセサリーとは装飾品、付属品を意味し、インテリアにおけるアクセサリーのことを日本ではインテリア雑貨と言いますが、アメリカではHome Accessories(ホームアクセサリー)と呼びます。
部屋ではなく、「家」を装飾するという考え方が、アメリカ的な発想ですよね125.png
c0181769_00323700.jpg

種類としては、フォトフレーム、キャンドルホルダー、グリーン/花、時計、ミラー、ウォールアートなどがあります。(先日のブログで、入荷したばかりのホームアクセサリーを紹介させて頂きました。)

さて、今日のブログのタイトルである「アクセサリーは必要?不要?」という問いに対して、写真を見ながら答えを考えていきましょう!

c0181769_10081588.jpg
ご覧の通り、空間に家具だけをセットした状態です。

アシュレイの家具はアメリカならではのデザインが美しく、家具を置いただけでも雰囲気は出ます115.png
でも、何か物足りなさを感じませんか?(大半のアメリカ人がそう思っているはずです。)

装飾品、付属品を加えたいところというのは、基本的には何もない(真っサラな)ところになるかと思います。

ということは、ここでは壁面とテーブルの上が該当しますね!

壁面には時計やミラー、ウォールアートをかけることでドレスアップできます102.png

c0181769_10081932.jpg
c0181769_10082409.jpg

ソファの上やコンソールの上の壁面には、大きめのミラーを1枚、またはウォールアートを2枚並べるくらいのボリュームがちょうど良いですが、写真のように複数のアイテムを使う時には、大きいものから順にかけていくとバランスがとれます。
特に決まりはないのですが、アクセサリーを選ぶポイントとしては、色を3色までに抑えると、統一感が出てきれいにまとまりますよ164.png
今回は、アメリカでトレンドとなっている「ブルー×ゴールド」に絞りました165.png

それではもう一度Before

c0181769_10081588.jpg


ドレスアップ後のAfterはこちら。

c0181769_10080374.jpg

テーブルの上にもキャンドルホルダーやインテリアフラワー(生花でも造花でも)を置くと、ご覧の通りアクセントになってお洒落に見えますよね129.png

置物を飾る時のポイントは、高さの違うものをチョイスして高低差を出すことです!

そうすると立体感(動き)が出て、より見栄えが良くなります。

アクセサリーが無いのとあるのでは、どちらが「素敵!」に見えますでしょうか?

もちろん、「シンプルイズベスト」という考え方もありますが、せっかくアシュレイの家具でコーディネートして、海外ならではのインテリアを実現させるためにはアクセサリーは欠かせません!

アメリカでは、Home Accessories=家(家具)の付属品という考え方なのだと思います。

まずは1つ、2つからでも、お部屋にプラスしてみてください!家具が引き立って、全体の印象が変わったことを実感できるはずです110.png

ファッションと同じ感覚で、気軽に楽しみましょう101.png

Uemura


# by ashleyfurniture | 2018-08-06 07:00 | 新着情報 | Trackback | Comments(0)